japan esports team

I-O DATA  ​ M.2 NVMe SSD 商品レビュー

SSD購入、取り付けから性能まで色々見てみた

 

 

今回、I-O DATA様のSSD-GCM2シリーズ【M.2 NVMe SSD 512GB】を購入してみました。

今回SSDを購入するきっかけになったのが、
自分自身PCを購入して約2年と少し経つのですが

最近ゲームのロードなどが、とても遅いです。

ゲーム中にすごくフラストレーションが溜まるため、
今回SSD買うにあたってコンパクトで取り付けが簡単だとお聞きした
I-O DATA様のSSD-GCM2のM.2 NVMe SSD 512GBを購入しました。

 

 

商品の見た目や中身

 

届いて1言目に出た言葉が

「小さッ!?」

 

でした。


カタログでは約22(W)×80(D)×7.5(H)mm、重量は約17g

中身は

 

・SSD本体

・取り付け固定ネジ2本【1本は予備】

・SSDの取り付け方などの説明書

・Giga Crysta Phantomと言うソフトの説明書でした。

ソフトの説明は後ほどして行こうと思います。

 

それでは、本体の方見ていこうと思います。


                                         

 

大きさで言うと、ほんとに小さいです。


自分自身持って折ってしまったらどうしよう・・。
ってなっていました。
そのぐらい小さいです。(苦笑)

 

SSD取り付け

 


それではPCの方につけていこうと思います。
少しPC中が、汚くお見苦しくなっていて申し訳ありません。

 

 

取り付け位置で言うと、マザーボードの赤枠部分になります。

 

取り付け方はとても簡単でした!
M.2スロットに本体をスライドさせはめ込み付属していたネジで固定する。

たったこれだけで取り付け完了!

PC組み立てしたこと無い方でも、簡単に取り付け出来ると思います!
(事実、私は相当の機械音痴・・・。)

 

ここで1つ注意事項があります。

これはPCにもよるのかもしれませんが、自分のPCは上の銀色の冷却でネジが取り付けづらく、

少し手こずりました。

万一ネジを落としてしまった場合ネジが小さく見つけづらいので、取り付ける際は

お気をつけください。

 

取り付け完了図がこのような感じです。

 

実際作業時間だけで言うと5~10分程だったので、
本当にこれでいいのかと言う心配も出てくる程でした。

 

SSD取り付け後の効果

 

それでは、PCの方を起動していこうと思います。


先程説明したソフトを説明する前に、SSDの速度を比較していこうと思います。

旧SSD

 

M.2 NVMe SSD

 

数値を見れば一目瞭然です、ほとんどが3~4倍ほどの数値を出していました。


自分もゲームをしていてここまで変わるかと思うくらい衝撃でした。

Load時間で言えば、交換前は最大で20秒以上かかっていた物が、交換後は4~5秒
起動できています。

 

その他の機能

 

さらに、すごい事にこのSSDには
独自のヒートシンクを搭載し、放熱をする事が出来る事!

SSDには「サーマルスロットリング」という機能があります。

なんだそれは?と思う方に説明すると、


基本的にSSDなどは、データを高速で処理する際の消費電力の増加によって発熱し、その熱で故障しないようにする為に
「サーマルスロットリング」という熱暴走を防ぐ安全装置の事です。

SSD-GCM2では、その熱暴走を起こさないために

独自のヒートシンクで放熱を行い、常に機能は維持できるという優れ物
という事です!

とはいえ、大事なPC。たまには掃除する事をおすすめします!

私も今回PC内部を初めて見て、定期的に掃除しようと思いました(笑)

 

付属のアプリ

 

それでは最後にSSD-GCM2の専用ソフト
Giga Crysta Phantomをインストールして
ソフトの説明をしていこうと思います。


このSSDの1番利点は他メーカーのSSDと違って

ゲームなどを再インストールせずに
このソフトからPhantom化というのをするだけで完了!

機械音痴の自分からするととても有り難い性能となっております。
インストールし終わるとアイコンはこのような感じです。

 

 

起動するとこのような画面になります。

自分はR6Sしかほとんどしないので。(最近はVALORANTに浮気中)

 

R6SをPhantom化して行こうと思います。
Phantom化が終わるとこのような画面になります。

 

時間で言うと10分かからない程度でした。

これでSSD化が完了しました。

感想として、取り付けからインストールまで本当に簡単でした。

まとめ

 

今回購入した I-O DATA様のSSD-GCM2 M.2 NVMe SSD 512GB
お値段は16,280円と同容量のSSDからすると少し高くなりますが
価値以上の能力は持っていると思いました。

何より取り付けの簡単さ再インストール不要というのがすごく魅力的だと感じました。

ただ注意点を何点か申すと

・先程も申したとおり、値段の高さコスパに関しては人によって感じ方は
 違うと思いますのでお気をつけください。

・もう1つはPCにもよりますが取り付け時ネジ止めが難しくなります。

・最後に今SSD購入ページでは512GBとなっておりますが実際使える容量は
約470GB程となりますので、購入する際はご注意ください。


私的には、上の注意点を含めても今回の買い物は正解かなと思っています。

以上、C-VA KAGOSHIMA R6S部門 ぞねとも と ラクス でした。

購入URL貼っておきますのでよろしければ新SSD購入の際ご検討ください。

 

I-O DATA直販サイト ioPLAZA

アイオープラザ|IO DATAのPC周辺機器、パソコン、プリンター、家電、ダウンロードソフトの通販

今回レビューの商品 M.2 NVMe SSD 512GB
IO DATA SSD-GC512M2 : Blu-ray・DVD | IO

商品参考 

GigaCrysta EAGL_内蔵・外付けSSD特集ページ | HDD(ハードディスク)

この記事を書いた人
SNSでフォローする